読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと

くらし・絵本・おもちゃ・お出かけ・学習など育児ネタがメインの主婦系ブログです

ふるさと納税した魚沼産コシヒカリが届いたよ!

f:id:mirareso:20160114222304j:plain

何も注文してないのに宅急便が来たのでなんじゃらほい?と思ったらふるさと納税の米だったああああ!やったあ今日か明日にお米買おうとおもってたんですよねええええ!ってナイスタイミングでウホウホしているちどりですこんばんは。

 2秒で説明するふるさと納税

では説明してみます。

コレダ!!っていう寄付のお礼(特産品グルメが多い)をしている自治体に、自分の年収に対して決まっている上限寄付金額マックスを寄付する➡お礼が届く➡さらに手数料2000円引いた寄付金額が所得税・住民税から控除される➡寄付した人美味しいし税金返ってくるしウハウハ

えっ?よくわからないです?では、色々ふるさと納税の説明サイト読んだけど結局ここが一番わかりやすかった総務省のページをはっておきますね!

www.soumu.go.jp

まずは上限金額をチェックする

ふるさと納税をする場合は、まず自分の家庭はいくらまで寄付できるのか?をチェックしておきます。

先ほどの総務省ページに控除額の上限という項目があるのですが、例えば300万年収の方で幼児2人と夫婦で暮らしている家庭だと「夫婦(中学生以下は控除額に影響がないので数えない)」の欄を見て、上限が23000円ということがわかります。

この場合ふるさと納税をするなら、23000円までがお得という事です(それ以上寄付をしても、所得税・住民税の控除にはならない)。

次にふるさと納税サイトで商品を吟味する

直接自治体に申込することもできますが、インターネットから申込もできます。クレジットカードも使えるので、カードのポイントも溜まってさらにお得です。

インターネットで申込するときは、いろいろサイトがあるみたいなので、好みのサイトや、自分の寄付したい自治体が参加しているサイトを探せばいいと思います。色々あります…。

我が家はよくわからなかったので、魚沼産コシヒカリふるさと納税でググって出てきた、JTBが運営している「ふるぽ」で申込しました。

furu-po.com

我が家はとりあえずはじめてだし、3万円分くらいにする?だったら米にしよっか!と決めました。新潟県津南町魚沼産コシヒカリの頒布会(10kgが4回届く)が3万だったので、ふるぽから申込しました。

寄付金控除の申請をする

申し込んでしばらくすると、申し込んだ自治体からお礼の手紙と控除申請の用紙が送られてきました。ふるさと納税ワンストップ特例制度といって、寄付先が5団体までの場合は申請書を出すことでふるさと納税のための確定申告が不要になるそうです。

www.soumu.go.jp

また、ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税からの控除は発生せず、ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税の減額という形で控除が行われます。

 との事です!我が家は津南町から封筒で申請用紙が送られてきたので、すぐに返送しました。手続きはやってもらえるのでしょうか…音沙汰が無いので不安ですが多分大丈夫でしょう。

まとめ

すみませんが、詳細は総務省のサイトを見ていただくとして、我が家はこれで今年40kg分のお米は魚沼産コシヒカリで確保できました♡うれしい。ちなみに新潟が地元とかではないです。住んでるところは魚沼産レベルでおいしいコシヒカリが普通の値段で買えますが、せっかくだしブランド米食べたいじゃん!みたいなミーハーまるだしで申込をしました。

探せばもっとお得なお米のふるさと納税をしている自治体は沢山ありますので、今年はそちらも検討してみようと思っています!(また米なんかよ!というツッコミありがとうございます)